ろ過器に注目して家庭から環境保護を意識する

液体や気体の「流体」を細かい穴がたくさん開いたフィルターに通すと、穴より大きい物体や粒子はフィルターに詰まるため、通り抜けた流体は純度が高くなります。

ろ過器に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

この流体と固体を分離させる作業を「ろ過」と言い、ろ過するための装置を「ろ過器」と言います。
挽いたコーヒー豆を紙フィルターに入れ、上からお湯を流してコーヒーを淹れるのもろ過器の一種です。

私たちの生活の中では、ろ過器がいろいろな場所で活躍しています。

この一工程を作業に加えるだけで自然環境を守ることに大きく貢献することになるため、私たちは注意して行かなければなりません。


ここでは環境保護にもつながる生活上の注意点についてご紹介したいと思います。


キッチンで毎日のように行う調理の中では、食材のクズがたくさん出ます。

シンクの排水口には必ず網が取り付けられています。

これは食材のクズをそのまま下水や浄化槽に流さないためです。



同じように浴室の排水口にも髪の毛などを流さないための網が取り付けられています。

これらの網を「すぐ詰まって掃除が面倒臭い」と言うわがままで取り外している人もいます。



このような安易な考えで、下水処理場や浄化槽へ大きな負担が掛かってしまいますので、しっかりと網を取付けてこまめに掃除するようにしましょう。
また、油類は決して排水として流してはいけません。

同様に処理施設に大きな悪影響を与えることになりますし、配管内部にもこびり付いて詰まりの原因となってしまいます。